ビタブリッドCとは?ビタミンC12時間浸透の理由をご紹介

ビタミンCといえば…
レモンやイチゴに多く含まれていますが、
その働きは一体?
ンCはいわば
“万能ビン”。
その多機能性が最大の魅力。

ビタミンCの
おもな働き
  • 健康な皮膚形成を中から力強くサポート

    ビタミンCは、私たちの体を構成するタンパク質の約30%を占めるコラーゲン生成に役立ちます。体内に吸収されると、栄養の回る、健康で丈夫な皮膚組織の形成を応援します。

  • 女性の永遠の憧れ、美白・美肌に役立つ。

    真皮に多く含まれている、ハリを保つコラーゲン生成を促進。肌が生まれ変わろうとするちからも助けます。美肌ビタミンともいわれ、シミやくすみ対策の化粧品にも多く配合されています。

  • ストレス・生活習慣に負けないちから。

    不規則な生活習慣や、仕事のストレスなどにより体のリズムは大きな影響を受けていると言われています。ビタミンCは体の調子を整えるために必要な栄養としても使われています。

  • 誰しもが必ず進む“加齢”に立ち向かう!

    私たちの体は60兆個の細胞からできていますが、加齢とともに全身には変化が訪れます。ビタミンCは酸化しやすいと言う自らの性質を活用して、年齢を重ねる体のために役立ちます。

果物を大量に食べる。
サプリメントを積極的に飲む。
それで十分でしょうか?
ピンポイントで届くのは、
わずか1%未満とも。

ビタミンCは素晴らしい栄養成分ですので毎日の食事で補いたいもの。ただし、特定の箇所の肌の悩みに対処するには、ビタミンCは塗る方が効果的です。経口摂取したビタミンCは、体内を巡っている間にさまざまな箇所で力を発揮するため、肌の意図した箇所に届くのは残念ながらわずか1%にも満たないと言われています。

一度に大量摂取しても、
体外に流出してしまいます。

ビタミンCを、大量に摂取すればピンポイントで届くのでは?残念ながらビタミンCは体内に蓄積することができず、過剰分は汗や尿として流れてしまいます。そのため、ビタミンCは体内のために数回に分けて摂ることが推奨されていますが、やはり意図した肌の箇所には、直接塗らない限り多くは望めません。

一瞬で酸化するビタミンC。
驚くべき還元力は、“活かせない”という弱点にも。
皮膚に直接塗っても、
力を発揮できない弱点。

皮膚には異物の侵入を防ぐバリア機能があり、そのままビタミンCを塗ってもなかなか浸透しません。さらにビタミンCは、水、空気、熱、光などの刺激ですぐに酸化してしまうという弱点を持っており、皮膚の置くへ浸透する前に劣化して壊れてしまいます。ビタミンCの活用方法は、多くの研究者たちが頭を抱えてきた課題でした。

リンゴの変色を戻すパワー

リンゴは切った面を一定時間置くと、ポリフェノールが酸化し変色してしまいますが、
ビタミンCが含まれた液体を表面に塗ると、ビタミンCの還元力により色が戻ります。

一般化粧品は、
化学修飾された
ンC誘導体です。

ビタミンCの持つ弱点を克服するために、一般化粧品ではビタミンC誘導体という物質にして配合することが一般的です。この場合、サイズが大きくなったり、肌の中での働きに違いが出てくると言われています。純粋なビタミンCを肌奥に浸透させるというのは、非常に難しいことなのです。
だからこそ『ビタブリッドC』の価値が急速に高まっています。