シャンプーと育毛の関係って?正しい洗髪方法で育毛促進!

世の中には育毛のためのシャンプーがたくさんありますが、いくら頭皮に良いとされる高価なシャンプーでも、最終的には洗い流してしまうものです。

「そもそも、シャンプーは“育毛”に直接影響があるの?」そんな疑問を抱いたならば、育毛の近道を発見したようなもの。

こちらの記事では、
・頭皮ケアが重要な理由
・シャンプーの役割
・正しい洗髪のポイント
という3つの観点から、疑問を解決してまいります。

皆様の育毛ライフのお役に立つ重要なポイントを紹介していますので、ぜひ一読いただけますと幸いです★

 

頭皮環境の悪化が薄毛の原因に…!

薄毛の原因はホルモンバランスや遺伝の影響が大きいといわれていますが、実はそれだけではありません。

頭皮の血行が悪くなると、毛根へ栄養が運ばれず、毛母細胞の活動が低下して薄毛が生じやすくなります。

また、頭皮が乾燥した状態ですと痒みやふけを伴う粃糠性脱毛(ひこうせいだつもう)を、皮脂の分泌が多すぎても脂漏性脱毛(しろうせいだつもう)を引き起こしやすくなります。

こういった頭皮の栄養不足や皮脂不足、過剰な皮脂などによる「頭皮環境の悪化」も、薄毛の原因になるとされています。そのため、日頃から意識的に頭皮のケアをする必要があるのです。

 

“育毛”にはスカルプシャンプー?育毛剤?

薄毛対策として多くの人が活用するスカルプシャンプーと育毛剤。この2つのアイテムは、共通して“育毛”を目的としていても、それぞれ異なる役目があります。

■ スカルプシャンプー: 頭皮環境を整える役目

■ 育毛剤: 血行を促進し、栄養を届ける役目

頭皮に栄養を届けるために育毛剤を使うにしても、土台である頭皮の環境が整っていなければ十分に効果を発揮できません。対策をする際は、それぞれの違いを理解した上で併用いただくことをおすすめします。

なお、健やかな頭皮環境を保つためには、シャンプー選びが何より重要。洗浄力が強すぎるシャンプーによっても頭皮の乾燥が引き起こされます。洗浄力と保湿力のバランスがとれたシャンプーは、育毛の土台づくりをサポートしてくれます。

 

できていますか?《正しい洗髪》5つのポイント

良いシャンプーを使っていても、間違った洗髪をされていては本末転倒です。洗髪の際、下記の点が意識できているかチェックしてみましょう。

 

1.すすぎ

 41℃以上のお湯で髪をざっと濡らす

 38~40℃程度のお湯で髪・頭皮を十分にすすぐ

シャンプーがよく泡立つようにするための下準備ですが、実は汚れのほとんどが最初のすすぎで洗い流されるといいます。お湯の温度が高すぎると乾燥を招きますのでご注意を!皮脂を洗い流すために適した38~40℃程度のお湯で、時間をかけてゆっくりと予洗いをしましょう。

 

2.泡立て

 シャンプーを直接髪につけて泡立てる

 手やスポンジで泡立ててから髪・頭皮にのせる

泡には、頭皮に届きやすくする役割、髪同士の間のクッションになって摩擦を和らげる役割などがあります。そのため、シャンプーを選ぶ際は、泡立ちやすさも重要なチェックポイントとなります。楽なのでどうしてもシャンプーを直接髪につけて泡立ててしまいますが、洗い残しが出たり摩擦で髪を傷める原因にもなりますので注意が必要です。

 

3.洗浄

 爪を立ててゴシゴシと横にこする

 指の腹で垂直にマッサージする

横に強く擦るのはせっかく生えた産毛を抜いてしまうことも。髪の汚れよりも頭皮を洗うことを意識して、指の腹で垂直にマッサージしましょう。普段動かさない頭部の筋肉を動かすことで血の巡りをサポートしてあげることもシャンプーの大切な目的です。

 

4.洗い流し

 髪についた泡を洗い流す

 洗浄よりも時間をかけて頭皮のぬめりがなくなるまで洗い流す

シャンプーの洗い残しはフケや痒みの原因になります。意外と流し忘れが多い箇所は、耳の裏側や頭頂部です。最後は、指の腹で髪や頭皮にぬめりが残ってないか確認しながらしっかりとお湯で洗い流します。

 

5.頻度

 毎日欠かさず洗髪する

 頭皮環境や髪のタイプに合った頻度で洗髪する

清潔な頭皮を保つことはもちろん大切ですが、頭皮が乾燥しやすい人や傷みやすい髪質の人が、毎日洗髪してしまうと必要な油分がなくなってしまい、頭皮環境のバランスが崩れてかえって悩みが深くなってしまうことも。

頭皮や髪に皮脂が多い、または日常生活で汚れやすい環境にいる方は毎日、髪や頭皮の油分が少なかったり年齢など様々な条件で頭皮が乾燥しやすかったりする方は間隔をあけて洗髪することをおすすめします。

 

まとめ

育毛剤が浸透しやすい頭皮環境を生み出すためには、育毛の土台づくり、すなわちシャンプーが非常に大切だということがお分かりいただけましたでしょうか。

下記にポイントをまとめました。

  • 頭皮環境の悪化は薄毛の原因になるため、日頃からケアが必要
  • スカルプシャンプーの目的は頭皮環境を整えること、育毛剤の目的は血行促進や栄養を届けること
  • 洗浄力と保湿力のバランスがとれたシャンプーを選ぶ
  • 正しい洗髪の知識をつけて頭皮を清潔に保つ

「頭皮環境を整える」ということにいつもより少しだけ意識を向けて、正しいシャンプー選びや洗髪の習慣をつけていただけましたら幸いです(*^^*)

▶商品はこちら
ビタブリッド スカルプシャンプー