ビタブリッドCとは?ビタミンC12時間浸透の理由をご紹介

Vitabrid C12 Vitabrid Japan
注文専用:0120-12-5555

ビタミンCといえば…
レモンやイチゴに多く含まれていますが、
その働きは一体?
ビタミンCは、
多くの恩恵をもった
貴重成分。

ビタミンCの
多彩なチカラ
  • 健康なカラダを力強くサポート

    ビタミンCは、私たちの体の構成に役立ちます。体内に吸収されると、健康で丈夫な健康サイクルをサポートします。

  • 女性の憧れ、美容に役立つ。

    年齢を重ねても、美しくありたい、良い年の重ね方をしていきたい。そうした活動的な女性達に、長年ずっと愛されている成分がビタミンC*です。栄養成分としてはもちろん、お肌に塗る化粧品等にも多く配合されています。

  • ビジネスパーソンにもチカラを。

    仕事で忙しい日々、不規則な生活習慣でカラダは大きな影響を受けていると言われています。ビタミンCはそんな第一線で働き続けるビジネスパーソンにも頼りにされている成分です。

  • 栄養機能表示が認められた成分

    1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が24mg以上(上限1000mg)含まれている食品において「ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。」と栄養機能表示することができます。

*整肌成分

果物を大量に食べる。
サプリメントを積極的に飲む。
それで十分でしょうか?
ピンポイントで届くのは、
わずか1%未満とも。

ビタミンCは素晴らしい栄養成分ですので毎日の食事で補いたいもの。ただし、目的によっては化粧品のように特定の箇所に直接塗る方が効率的です。経口摂取したビタミンCは、体内を巡っている間にさまざまな箇所で活用されるため、意図したところに届くのは残念ながらわずか1%にも満たないと言われています。

一度に大量摂取しても、
体外に流出してしまいます

ビタミンCを、大量に摂取すればピンポイントで届くのでは?残念ながらビタミンCは体内に蓄積することができず、過剰分は汗や尿として流れてしまいます。そのため、ビタミンCは体内のために数回に分けて摂ることが推奨されています。そのため、化粧品のような役割を意図する場合は、直接塗っていくことが選ばれています。

しかし、ビタミンC*
一瞬で酸化してしまうという弱点が。
化粧品として
肌に直接塗っても、
力を発揮できません。

皮膚には異物の侵入を防ぐバリア機能があり、肌にそのままビタミンC*を塗ってもなかなか浸透しません。さらにビタミンC*は、水、空気、熱、光などの刺激ですぐに酸化してしまうという弱点を持っており、劣化して壊れてしまいます。ビタミンC*の活用方法は、多くの研究者たちが頭を抱えてきた課題でした。
*整肌成分

一般化粧品は、
化学修飾された
ビタミンC誘導体*1です。

ビタミンC*1の持つ弱点を克服するために、一般化粧品ではビタミンC誘導体*1という物質にして配合することが一般的です。この場合、サイズが大きくなったり、肌の中での働きに違いが出てくると言われています。純粋なビタミンC*1を肌奥*2に浸透させるというのは、非常に難しいことなのです。
だからこそ『ビタブリッドC』の価値が急速に高まっています。
*1整肌成分 *2角質層まで